SNSアイコンを刷新したった

えっと、Twitterアイコンですが、ここ数年ずっと天下一品ラーメンでした。

2020年初頭からリモートワーク体制に本格的に入り、外食を滅多にしなくなりましたが、それまでは月に3回は天下一品ラーメンを食べており、赤ドンブリは非常にレアでなかなか当たらないものだったので写真に収めてあったものをTwitterで使い始めたのがきっかけです。

なぜ変えようと思ったのか

数人からのアンケート結果ではこのままで良いという意見が多数でした。

しかしながら、仕事もコミュニティ活動もオフライン→オンラインに変わっていく中で、「もっと自分も変わらなければ!とりあえず見た目から」ということで、オリジナルなアイコンを作ろうと考えた次第です。

どうやって用意するか

巷では自分が気に入った絵師さんにDMなどで直接交渉するか、coconara等の外注サイトで依頼するのが一般的なようです。

ところが、自宅で奥さんに「自分のアイコン作りたいんだけど、絵師さんに頼むのってどうかなー」と相談したら、「だったら姪っ子ちゃんにお願いしたら?」との返答。

そうだったよ。忘れていたよ。姉の子供二人共その分野の人間だったよ。早速下の子に頼んでみよう。

Erina Takayama | Linkedin

交渉まで

LINEで早速交渉。あっという間に発注完了w

依頼方法もよくわからんかったので、以下の箇条書きを連絡

・自画像をアニメ化したっぽいの
・単純な線のほうが、将来facerigとかで表情を表現するのによいか?
・できれば若々しいの(今より20歳くらい若め?)
・すとぷり(https://strawberryprince.com/)の絵の感じはすき
・テクノロジー(クラウドとかPCとか)のエッセンスがあるとよいかな?

あとはMVPプロフィールサイトのURLとAzureカラーについて連絡して、完成を待ちます。

ラフデザイン完成

数日後にLINEでラフデザインが送られてきました。

・さらさら無造作茶髪ヘア(アホ毛付き)
・顔の輪郭やおでこの広さが実物どおり
・かわいい相棒付き
・クラウドや爽やかな夏っぽい背景
・ちょっと企んでいるような知的な口元

さすが小さいことから仲良しだった姪っ子!色々お兄ちゃんの事を分かってくれています。
※年の差がそれほど離れていないため、彼女が幼少の頃からずっとお兄ちゃんと呼ばれています。

目の色だけもうちょっと落ち着いた色が良かったので、茶色系を指定して次工程に入ってもらいました。

完成

メインの仕事優先してもらったので、数週間後に完成!LINEで納品です。

うんうん、実際の姿と瓜二つの出来です。これできっとインフルエンス力が500%くらい上がるはずです。

絵師さんについて

先にも書いたように姪っ子ですが、現在はカナダのバンクーバで日本含むグローバル規模でイラストのオシゴトをしています。

ソーシャル上というよりは企業相手がメインのようですが色々な画風をリクエストできるようなので、ご依頼については以下にコンタクト取ってみてくださいね。

Erina Takayama | Linkedin