痛風の診断を受けた

2018年5月2日

20代の頃から、会社の定期健康診断では尿酸値が高めでいつ発症してもおかしくないとは言われていましたが、50歳を迎えて足の痛みが出る頻度も多くなってきたので真剣に受診しました。

直近数年は、左足の甲が痛くなる現象が半年~1年周期で起こり、そのたびに整形外科に通ってレントゲン検査もしていたのですが骨に異常はなし。数日~1週間するとケロリと痛みも治まっていたのでそのまま放置していました。

しかし最近はこの足が痛くなる頻度も短くなってきており、先日血液検査を受けたところ結果は血清尿酸値7.9 mg/Dlとのことでした。

普段の食生活や運動方法など書かれた冊子を貰ってきました。

食事で気を付けることとしては

  • 総カロリーを制限する
  • 標準体重にコントロールする
  • 乳製品を多くとる

などです。

BMIも高めなので、ドカ食いとかはもう禁止ですね。

お酒は週に2日程度の休肝日を設けて、あとは一日ビール500 ml程度までだそうです。うーん、なんとかなるか。

後は運動は激しいものは避けて軽いウオーキング等が良いそうです。水分補給も忘れずにとのことでした。

↑ 痛風に限らず健康的な生活を送るための基本的な内容でしたね。

尿酸値を下げる薬は毎朝一錠飲むやつが処方されました。

薬の効果で尿酸値が下がると、そのタイミングで足の痛みが再発することがあるそうで、ちょっと心配ですが、一か月飲み続けていきます。

また一か月後に血液検査して結果を確認する予定です。