北海道天塩郡豊富町に年末年始滞在した(リモートワーク編)

はじめに

2019年年末はクリスマス前から奥さんの実家のある北海道天塩郡豊富町に一緒に帰省しました。

移動編はこちら

「ふらっと☆きた」について

日中は奥さんの実家ではなく、豊富町定住支援センター「ふらっと☆きた」のスペースを借りてリモートワークしていました。

こちらは町民が自由に利用することができて、多目的ホールや和室、託児ルーム、ミニ図書館など色々充実しています。

だいたい朝9時の開館後に実家から徒歩で行って、午前中働いて昼時に一旦家に帰る、、、という生活でした。

家からの道のり

定住支援センターの他、役所、消防署、スーパーマーケットなどが集中している地域は豊富駅の東側にありますが、奥さんの実家は西側にあります。

横断可能な道路は結構北の方まで行かないとだめで、車では全く問題ないのですが徒歩だとかなり遠回りになってしまいます。

豊富駅は改札が東側にしかなく、西側には何もありませんが、徒歩で横断可能なコースが2つ実はありました。(Google Mapだけではなかなか判断できない)

コース1:駅の中をぶっちぎる

駅の西側はこんな感じ

あまり除雪されていない草原を歩き近づくと入れそうな場所が。
ちなみに数年前に来たときにはガード下をくぐり抜けて無理やり侵入していましたが、今はオープンになったようです。

駅のホームから階段を使って反対ホームへ。

無事改札を通って正面に出られました。ちなみに無人駅なので特に人と会うことはめったにないです。

コース2:遮断器の無い踏切を渡る

Google Mapでは微妙に道が繋がっていませんが、ここは人だけが通れる歩道になっています。踏切はありますが、遮断器はないので注意。

メインストリート→ふらっと☆きた

豊富町のメインストリートである国道232号まできたら、あと少し。

役場まで来ると看板があるので、曲がってすぐです。

まだ新しくきれいな建物です。

入り口左の蓋をあけると

豊富町のポケふたが登場します。

アローラロコンとミルタンク

館内での過ごし方

予約の利用者がいない場合は、和室も広々使って作業できます。普通の椅子やソファーもいたるところにあります。

電源を使う場合には部屋の予約を事前にしないといけないので、基本はPCのバッテリーが持つ間、こちらで作業可能です。

フリーWi-Fiも完備していて、それなりの速さでしたが、TCP/22(ssh)やVPN接続はできませんでした。
おそらく普通のWebサイト閲覧用途を想定しているみたいですが、4G回線も軽いためあまり不便は感じませんでした。

おわりに

なかなか居心地良かったです、売店などはないため行く前にはセイコーマートなどに寄ってから行くと良いでしょう。飲み物の自動販売機は充実していました。

昨年来た時に比べて、豊富のあちこちの自販機がSuica対応していたり、Coke-On対応していたりとIT化(笑い)が進んでいました。